名物に旨いものあり 名物に旨いものあり
一六タルトを実食
Content
一六タルト 一六タルト
全国名物愛媛の名物 / クチコミ
㈱一六本舗
愛媛県松山市東石井1丁目2-20

名称:生菓子
品名:一六タルト

:小麦粉、砂糖、卵、小豆あん、生柚子、膨張剤

一六タルト

(愛媛)

 愛媛の銘菓に、松山の「一六タルト」があると知った。え、なぜに愛媛でタルトなのか。まあ、どうでもよいとは思ったものの、ちょっくら調べてみたら、事の始まりは松山の殿様(松平定行)によるものらしく、その殿様が長崎から伝えられた南蛮菓子タルトを発展させたものだと‥。また、愛媛ではこの「一六タルト」以外にも、沢山の同じようなタルトが作られているんだよね~。

一般のタルト  タルトといえば、通常、皿の上に乗っかっているパイであり、フルーツやら木の実やらがそのパイの上に乗っているお菓子を想像してしまう。だが、届いたタルトを見ると、どうもロールケーキのようなのだった。


一六タルト輪切り  包みを開けてみると、そのロールケーキは初めからちゃんと切り分けてあり、そのまま取り出すだけ。切り口は「の」の字形になっていて「の」の部分は小豆あんなのである。そして一口食べてみたら、口の中に柚子の香りがパーッと広がった。おうそうか、小豆あんの方に柚子が入っているのだね~。

 それにしても柚子は強烈で独特の香りを持つもの。柚子だとすぐ分かるから凄いよね。で、このお菓子、柚子の香り以外は普通な感じで、あとは適度な甘さかな~。また、一見、洋風であるが、実は和風テイストのカステラなのである。‥最近ではこんなロールケーキが、全国のあちこちで見かけるようになったけど、どうして~。
©名物に旨いものあり0409 , 24rw , Update:2024/06/16