名物に旨いものあり 名物に旨いものあり
中将餅を実食
Content
中将餅 当麻名物 中将餅
全国名物奈良の名物 / クチコミ
㈲中将堂本舗
奈良県葛城市當麻55-1

品名:当麻名物 中将餅

:砂糖、小豆、もち米、よもぎ、酵素(大豆由来)


消費期限:製造日を含め4日

保存方法:要冷蔵(10℃以下)

中将餅

(奈良)

二上山當麻寺 曼荼羅堂  奈良に名物なしと言われて久しいこの頃、いや、あるではござらぬか「当麻たいま名物 中将餅(ちゅうじょうもち)」。それは近鉄南大阪線・当麻寺駅そばという、たぶん奈良ではローカルな所と察せられる当麻の里の名物「よもぎ餅」。なんでもそれは「昔から伝わる掌大しょうだいのあんつけ餅を、一口の大きさにし、ぼたんの花びらの形にしたもの」なんだと‥。

 は~?と思ったその掌大という言葉。それは何の事はない、字のごとく「手のひらほどの大きさ」なのだそうで‥。

 画像を見ると、あんを全体にくるんだ「あんころ」餅でもなく、関西近辺特有の「あんつけ餅」的な、餅に餡をひっつけた形式のもの。またこの餅は、よもぎの緑色が特に目を引くのだよね~。

 ちなみに中将とは、中将姫にちなんだものだそうで、中将姫とは奈良の当麻寺に伝わる『当麻曼荼羅』を織ったとされ、のちに尼さんになったという、日本の伝説上の人物なのだと‥。


中将餅②  包みを開けてみれば、木箱(もどき)に入った、草あん餅が出て来た。おう? なんか赤福にも似た雰囲気。でもあの波の形は無い。で、あんこの下には緑色の草餅が根をやしており、そのひっ付いて嫌がる餅をなんとか剥がして口へ運ぶと、上品な甘さのこしあんに、不気味なほどの色合いの草餅が程よくコラボしており、食べた人々を満足させる。そしてまた、ヨモギの香りの高いこと~。

 あとは、まあ、特に変わったところは無いもよう。う~と、これはヨモギ好きの人にはたまらん餅なのだろうか。

 そうそう、前述で掌大(手のひら大)との説明があったけど、実際は赤ちゃんの拳大(こぶし大)くらいの大きさであったのよ~。
©名物に旨いものあり1804 , 24rw , Update:2024/06/16