名物に旨いものあり 名物に旨いものあり
ありあけのハーバーを実食
Content
ありあけのハーバー ありあけのハーバー
全国名物神奈川の名物 / クチコミ
有明製菓
神奈川県横浜市緑区いぶき野29-14

名称:洋菓子
品名:ハーバー

:鶏卵、砂糖、栗、小麦粉、植物性油脂、白餡、牛乳、バター、水飴、乳製品、膨張剤、洋酒、香料、食塩、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、酸化防止剤(V.C)、着色料(ウコン、クチナシ)(その他大豆由来の原材料を含む)

ありあけのハーバー

(神奈川)

横浜港  この記事を書いていた当時はネット上に何も情報がないときで、読者の方から頂いたメールで知った「ありあけのハーバー」。オフィシャルサイトによると、このお菓子を作っていた会社が倒産し、その社員達と このお菓子のファンが集まって、2001年にハーバーを復活させたのだという。

 それは横浜市民なら誰でも知っている、昔からの愛されるお菓子なんだと。ん? それじゃ なぜ倒産したんかな~。

追記)
 その後に出てきた情報によれば、よく聞く話のようにバブル期に不動産投資をし、よく聞く話のように失敗したのだそう。


ありあけのハーバー②  と、その鮮やかな青色の紙箱はマリン色。そして中から取り出したるは、一見 芋のような形にも見える舟形のお菓子。して食べてみると、所々になんだか歯ごたえがあるぞ~と思えば、うん? これはたぶん栗だな~。まあ、よくある風味だとは思うが、おいしいのである。

 で、更に述べると、中にはデンプンのようなツブツブが見え、食感はしっとりとしている。まあ言わずもがなの洋菓子の部類であるが、クッキーと饅頭の中間のような感じも。んー、万人向けの、ちょっとオシャレなお菓子といったところか。

 さすが横浜、買う方も買いたくなるし、貰う方もワクワクするような、そのパッケージが いとおかし(ステキ)。でも、箱や袋に比べ、出てきたお菓子のシンプルさには、少し違和感がなくもないけど~。
©名物に旨いものあり0503 , 24rw , Update:2024/06/16