名物に旨いものあり 名物に旨いものあり
成城石井のチョコレートを実食
Content
成城石井のチョコレート マテス ファンタジー トリュフ
全国名物東京の名物 / クチコミ
販売者:成城石井
東京都世田谷区成城6-11-4

輸入者:東京ヨーロッパ貿易㈱
神奈川県横浜市西区北幸2-9-30

名称:菓子
品名:マテス ファンタジー トリュフ 250g(約25粒)

:植物油脂、砂糖、低脂肪ココアパウダー、ホエイパウダー(乳製品)、ココアパウダー、乳化剤(大豆由来)


原産国名:フランス

賞味期限:届いた時点で13ヶ月
保存方法:直射日光・高温多湿を避け、涼しい所で保存

成城石井のチョコレート

(東京)

 成城石井(せいじょういしい)といえば、自分のような貧乏人には あまり縁がない高級スーパーらしい。なんでも東京を中心に、関東地方から関西地方まで食品専門の店舗を展開する、スーパーマーケットチェーンなのだそう。

 と、バレンタインデーも近いある日、成城石井のチョコと題する記事を見てしまい、さらに最も売れているチョコが「マテス ファンタジー トリュフ」だと聞いてしまって‥。まあでも、そこで身を引くのが庶民のココロ。が、そのお値段がワタクシを引き止めましての~。んー、千円以下、しかも量も多めに入っていそう。そりゃちょっと食べてみようかな~、とね~。


成城石井のチョコレート②  そのチョコ色の紙の箱は、予想に反して案外地味であるが、手に持つと意外に重く、ちょっぴり嬉しい気分に。開けてみると中には銀色の袋が一つ入っていて、チョコはその中にゴロゴロと無造作に。ほほう、そうきたか~。おや~「たんきり飴」にも似ていなくもないかな~。うん、匂いはココアの香りじゃよ。

 さてと、一つ口に放り込んでみれば、最初にやっぱりココアの風味が香り、我慢しきれずにモグモグしてしまうと、ココアの塊が溶けていくよ~。んー、こりゃ、旨い。も少し付け加えれば、ネットリ感がなく、ふわ~っと消えるように口内に染み渡っていくジョー。こんなチョコもあるんじゃの~。

 そうそう、名前の通り、トリュフな感じ。んだ、普段、カカオ70%チョコを食べている自分でも、全然違和感なく食べられた。

 で、これは成城石井で作っているわけではなく、フランスからの輸入品。要するに、成城石井は目利きなんだよね~。

メモ)
 今回はチョコレートを取り上げたわけであるが、成城石井が特にチョコレートに特化しているわけではなく、いろんな商品に気を配っている。中でも特筆すべきは、海外から良品を見つけて輸入しているところ。例えば、イギリス人の好きな紅茶「PG Tips」なども売らていたりするそう。まあその中から今回は、チョコレートにスポットを。
追記)

成城石井のプレミアムチーズケーキ

成城石井のプレミアムチーズケーキ  その後、テレビやらネットやらで、成城石井自家製の「プレミアムチーズケーキ」が美味しいと。

 なので、食べてみようぞ~。

 ネットで購入したそのプレミアムチーズケーキは、案外手作り感があり、また手に持つと重たく、持ちごたえがある。で、匂いは、冷えているのであまりかおらなく、かすかにチーズケーキの匂いがした。して、切ってみたら、最下部にスポンジ系生地が少しあり、その上にチーズ系本体。そんで、そこいらはレーズンやら何やらが入っていて、その最上部には、焦げ目の付いたツブツブが乗っている。

 食べてみると、おう、それはネットリとしたチーズケーキにシャキシャキとしたアーモンドの歯ざわりがあり、またミルク感を思いのほか強く感じるもの。あと、上のサクサクとしたツブツブにも(シュトロイゼルというらしい)甘くはない砂糖のようなシャリシャリ感あり‥。まあ、ケーキ屋さんのケーキと遜色はなし。‥だいたい1/4個ぐらいがショートケーキ1個ぐらいかな~。

㈱成城石井セントラルキッチン
東京都町田市鶴間8-1-1

名称:プレミアムチーズケーキ

:クリームチーズ、砂糖、卵、バター、アーモンド、小麦粉、レーズン、食塩、ベーキングパウダー、安定剤(増粘多糖類)


賞味期限:製造日より4日(だけど、届いた日を含めて4日だった)
保存方法:直射日光・高温・多湿を避けて早めに食す(送り状には要冷蔵)
©名物に旨いものあり1802 , 24rw , Update:2024/06/16