名物に旨いものあり 名物に旨いものあり
かもめの玉子を実食
Content
カモメの玉子 かもめの玉子 さいとう製菓
全国名物岩手の名物 / クチコミ
さいとう製菓株式会社
岩手県大船渡市大船渡町字台26-18

:砂糖、白あん、小麦粉、還元水飴、植物油脂、鶏卵、脱脂粉乳、マーガリン、乳糖、ココアバター、食塩、膨張剤、乳化剤(大豆由来)、着色料(クチナシ黄)、香料

かもめの玉子

(岩手)

本物のかもめ 「かもめの玉子」、岩手の銘菓といえば、真っ先にこのお菓子を思い浮かべてしまう。昔、子供の頃に食べた時は、こんなに美味しいお菓子が世の中にはあるんじゃの~、と感激したもの。岩手に行かなければ売っていないと思いがちだが、気をつけて見ていると、最近では東北各地のお土産屋さんで売っていたりする。

 何故に「かもめの玉子」なのかと言えば、このお店のある大船渡は三陸の港、海の町。カモメをモチーフにするのは自然なこと。まあそれでも、お菓子でタマゴを作ったのはエライ。製法も簡単ではなさそうだね~。


かもめの玉子②  包みを開け、匂いをかいでみると、まわりを包むホワイトチョコの香りが、プワーンと辺りに漂った。

 かぶりついてみたら、中にはしっとりとした黄色いクリームが入っていて、それがネットリと口内にへばり付き、やがて口いっぱいに広がった。なんと言ったらよいか、それは洋風の雰囲気を醸し、これがまたとてもおいしいのである。そんなに甘い感じは無く(でもたぶん甘い)、子供から大人、お年寄りまで皆に愛される、そんなお菓子だと思う。(ほめ過ぎ)。

 あ~旨い、もう一個食べようっと。お茶も、もう一杯。‥栄養満点なので、食べ過ぎるとデブまっしぐらでもあるかな~。

メモ)
 ニュースを見ていたら、例年9月の最終土曜・日曜に「かもめの玉子工場まつり」が現地で行われているよう。で、食べ放題の洋菓子バイキングや工場見学など、さまざまなイベントがもよおされるそう。(2012年)
©名物に旨いものあり