名物に旨いものあり 名物に旨いものあり
青梅氷り/越の梅を実食
Content
青梅氷り/越の梅 青梅氷り/越の梅
全国名物新潟の名物 / クチコミ
㈲藤次郎
新潟県南蒲原郡田上町大字原ヶ崎新田1809

品名:青梅氷り(青梅シロップ煮)

:青梅(新潟県田上町産 越の梅)、砂糖、クエン酸


賞味期限:届いた時点で約4か月半
保存方法:冷暗所で保存

青梅氷り/越の梅

(新潟)

青梅  新潟県・田上町たがみまちの特産品「越の梅」の収穫が始まった、とのニュースを見た。で、それは「種が小さく、果肉が多いのが特徴」なんだと。まあ、どこにでもある梅なのかも知れないけど、一度確認はしておこうと、ちょっとネットを覗いてみると‥。ぬ、目に入ったは「凍らせて食べる越の梅・青梅氷り」の文字~。なんじゃそれ、梅を凍らせて食べる? しかも青梅を?

 見ると「食べ方は簡単、凍らせてポン♪ 少し溶けかけたシャーベット状が美味しい食べ頃。梅をくずしながら食べると、しゃきしゃき爽やか!」なんだと。どうするよ、おい。この梅雨と猛暑と うんざりする日々。食べずに いられるかそ このあなたぁ。

メモ)
 ちなみに、悲しきかな、若者の梅の消費量が40%減なんだと。NHKで言っていた。(2024.07)


青梅氷り②  さて、届いた「青梅氷り」は、自分勝手に都合よく想像していた数個入りとは違って、袋に1個のみ入ったものだった。いや、やけに安いな~と思ったときに気付けばよかった。拙者の分しか無かったら、家人がねかえるに決まっとるわい。

 で、それは透き通った袋の、透き通った液体の中に青梅が沈む風景。言われた通り凍らせてみると、真っ白けのけ。まあ、普通に袋から取り出し、その白い物体に取り掛かってみる。んー、ころころ転がるシャーベットは、フォークとスプーンが必要じゃな~。

 と、匂いはない。して食べてみれば、うぉー、すっぱ甘いぞー。あ、あのサクランボの缶詰の香りもしなくもない。う、旨い。濃い味だけど、さわやかに旨い。それは想像を超える、新しい味わい。そして、その最後にたどり着く青梅が、滑らかな果肉で、格別なのであるんだな~。うーん、そこはパラダイス。
©名物に旨いものあり2206 , 24rw , Update:2024/07/15