名物に旨いものあり 名物に旨いものあり
モロゾフのクッキーを実食
Content
モロゾフのクッキー モロゾフ ファヤージュ 36枚
全国名物兵庫の名物 / クチコミ
モロゾフ㈱
兵庫県神戸市東灘区御影本町6丁目11-19

名称:焼菓子
品名:ファヤージュ

【アーモンド】:砂糖、鶏卵、アーモンド、小麦粉、ココアバター、全粉乳、カカオマス、脱脂粉乳、乳化剤(大豆由来)、香料
【マカデミア】:砂糖、鶏卵、マカデミアナッツ、小麦粉、ココアバター、全粉乳、カカオマス、脱脂粉乳、乳化剤(大豆由来)、香料
【ヘーゼル】:砂糖、鶏卵、ヘーゼルナッツ、小麦粉、ココアバター、全粉乳、カカオマス、脱脂粉乳、乳化剤(大豆由来)、香料


賞味期限:約7ヶ月強

モロゾフのクッキー

(兵庫)

 神戸に本社を置くモロゾフは、今や全国に展開するメジャーな洋菓子店で、主にロシア菓子を作る名門のお店なのである。

モロゾフのチョコレート詰め合わせ  モロゾフは日本で初めてバレンタインチョコレートを売り出した(1932年2月)、いわばバレンタインチョコの先駆者、先導者(でもメリーチョコレートが元祖だという説もあり)。ゆえに、モロゾフといえばチョコレート。あのバラエティーに富んだ詰め合せ」が目に浮かぶよね~。でも今回チャレンジするのはクッキーなのだけど。

 ちなみにモロゾフは、ロシアから亡命してきたモロゾフ家(白系ロシア人)が、日本人の共同経営者と1926年に設立した洋菓子店なのだそう。ついでに言うと、白系ロシア人とは白人のことを指すのではなく、赤を指す共産主義に対して、ロシアの帝政側の立場にいた人を指すそう。


モロゾフのクッキー②  そのド派手ぎみのスチール缶からクッキーを取り出してみると、それはリーフ型の焼き菓子(クッキーともマコロンとも)の両面に、スライスアーモンドなどが散りばめられてあり、その二枚の葉っぱでチョコを挟んでいる姿。

 で、食べてみると、ふむ、程よい甘さにナッツの香り。して、パリパリ、サクサクと美味しい音と風味が口の中で響きあう。んー、これと過去に出会ったことがあるような無いような。うん、よく磨き上げられ、洗練されたお菓子、ここにありだね~。

 これは大切な人に送りたい逸品(ほめすぎかも!)。チョコがマンネリ化してしまったと思ったら、この選択もありか。
©名物に旨いものあり1209 , 24rw , Update:2024/06/16