名物に旨いものあり 名物に旨いものあり
小川軒 元祖レイズン・ウイッチを実食
Content
小川軒 元祖レイズン・ウイッチ 小川軒 元祖レイズン・ウイッチ
全国名物東京の名物 / クチコミ
製造者 ㈱巴裡(パリ)
東京都目黒区目黒本町2丁目6-14

名称:クッキー
品名:レイズン・ウイッチ(小倉)

:小麦粉(国内製造)、レーズン、バター、砂糖、卵、ショートニング、洋酒、氷糖蜜、アーモンド、塩 / 香料、膨張剤(一部に小麦・乳成分・卵・アーモンド・大豆を含む)


賞味期限:製造日含めて5日間
保存方法:直射日光を避けて25度以下、自宅なら冷蔵庫

小川軒 元祖レイズン・ウイッチ

(東京)

小川軒のお店  このお菓子は昔からある名品である。その時に食べたときは、こんなに美味い物がこの世にあるものか、と思ったほど。それは、すこぶる濃厚で、その風味は脳裏にへばり付き忘れられない。イヤ待てよ、その後に台頭した「ブルボンのガトーレーズン」の味に置き換わっているかも~。まあ、北海道の「マルセイバターサンド」も食べちゃっているし~。

 更に、この元祖の名前も忘れてしまって、この手のものは、自分の中では勝手にレーズンサンドと。そう、レイズン・ウイッチって覚えにくいのよ。

 今もなお東京の高級みやげの地位は保たれているとは思うが、現在の世間の志向を鑑みてちょっと気になるのは、そのカロリー。でもまあ1個なら全然問題ないと思うし~。ちなみに、詳細を書いてみたら、

カロリー:161Kcal
脂質:7.58g
炭水化物:22g
たんぱく質:1.26g

ということは、1個なら思いっきり、2個なら、遠慮がちにコッソリと。


小川軒 元祖レイズン・ウイッチ②  それは、表面にアーモンドのスライスが散りばめられた、良き匂いのするクッキー。脇から、黒光りするレーズン入りの白いクリームが、挟んであるのが見える。手に持てば案外重量感があり、またラムレーズンの香りをただよわせる。

 食べてみれば、そりゃもう、美味しくない訳があるまい。して食べ進めれば、やがてしっとりしたラムレーズンが口に含まれ、にわかに大人の雰囲気に包まれる。このクッキーには、クロワッサン系のふくらみを持つサクサク感があり、何とも言えない高級感。うん? 思い込んでいたより、味わいはあっさりかも。

 お値段的にも、カロリー的にも(ころり~的にも)、一人一個。我が家では‥。
©名物に旨いものあり