名物に旨いものあり 名物に旨いものあり
大手まんぢゅうを実食
Content
大手まんじゅう 備前名物・大手まんぢゅう
全国名物岡山の名物 / クチコミ
㈱大手饅頭伊部屋
岡山県岡山市中区雄町201-1
創業天保八年

名称:生菓子

:小豆、砂糖、小麦粉、米

大手まんじゅう

(岡山)

岡山城・不明門(あかずのもん)  岡山名物「大手まんじゅう」の「大手」って何じゃろう? と思えば、お店が岡山城の大手門にあったことが由来するらしく。んー、もっと興味をそそる由来があるのかと期待してしまったから、ちょっと残念に。で、新潟の長岡にも大手饅頭なるものがあるそうだが、こちらも長岡城の大手門にお店があったから。名付けられたそう。はて、大手って、好まれる名詞なのだろうかね~。

 関係ないけど、やっぱり、大手といえば将棋。「王手飛車取り」なんて、気持ち良い手なんだよね~。反対にやられると、生きてるのが嫌になるほど悔しいけれど~!


大手まんじゅう②  箱から取り出したるは「大手まんじゅう」。見た目、大きさは違うが、これはどこかで見たことがあるぞ~。ふむ、やまぶき饅頭(パンのヤマザキ)だったか。あとは、ピンポン玉くらいの大きさで、このマダラ模様がなんともいえない特徴かな~。で、匂いは酒饅頭のような匂いで、とてもおいしそう。

 食べてみると、酒まんじゅうの皮を凄く薄くしたような外皮で、中には素朴な〝こしあん〟が入っていた。ふむ、簡単にいうと全部あんこと言っても過言ではない。んー、これは酒の香りがするところがミソかな~。まあ、そのほのかな酒の香りと、素朴なあんこと雑味、私は嫌いではない。
©名物に旨いものあり0503 , 24rw , Update:2024/06/16