名物に旨いものあり 名物に旨いものあり
喜多方ラーメンを実食
Content
喜多方ラーメン 喜多方ラーメン
全国名物福島の名物 / クチコミ
喜多方観光協会
喜多方市字御清水東7244-2

太くてちぢれた平打ち麺、あっさり醤油味

喜多方らーめん

(福島)

喜多方市・蔵の町  喜多方ラーメンには、本来、ハッキリとした個性があったのだと思う。スーパーで買った喜多方ラーメンと称する生ラーメン、福島の隣県で食べた喜多方ラーメン、福島県内で食べた喜多方ラーメン、それらはどれも同じ系統の味をしており、野菜系の甘味と醤油のコクがある、あっさりした味の、薄色醤油の旨いラーメンなのであった。

 だが、今の喜多方に行ってみると、なんか違うような‥。


上海のラーメン  実際に喜多方に行ってみると、あまりに店が多く、適当に入って食べてみれば「えっ、これが喜多方ラーメン?」と首をかしげるほど、多種多様なラーメンが出されている。いったい、喜多方ラーメンは何処にいったのか。

 そう、昔食べた喜多方のラーメンは「お~、これはまさに喜多方ラーメンの味、しかも本物は更に旨い」と思ったものだったが。で、その昔に出されていた喜多方ラーメンは伝統の醤油スープに太縮れ麺で、今の喜多方市内で出される自由な形態のラーメンとは、別物なのだと思う。勿論、今でも昔からの喜多方ラーメンを出すお店は、ちゃんとあるとは思うのだが。

メモ)
 喜多方市のラーメン店などが組織する協同組合「蔵のまち喜多方老麺会」が、「喜多方ラーメン」の名称を地域団体商標として申請したが、認められなかったもよう。ちなみに、喜多方市には120軒ほどのラーメン店があり、対人口比で日本一。2012.02

追記)
 その後、福島を旅したりしていると、どうも喜多方を包含する会津地方の会津ラーメンが、本来の喜多方ラーメンの原型ではないのかな~と。で、ウィキペディアを見てみると、豚骨ベースが喜多方ラーメンだと書いている人がいたり(それは単に〝まこと食堂〟のことじゃないの~)。

 まあ、まとめると、喜多方ラーメンではなく、ラーメンの町「喜多方」。
©名物に旨いものあり0411 , 24rw , Update:2024/06/16