名物に旨いものあり 名物に旨いものあり
両口屋是清を実食
Content
両口屋是清 両口屋是清 銘菓詰合
全国名物愛知の名物 / クチコミ
㈱両口屋是清
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目14-23

名称:菓子
品名:志なの路

:砂糖、小豆、小麦粉、水飴、卵、還元水飴、異性化液糖、植物油脂(大豆を含む)、ベーキングパウダー、炭酸カルシウム


賞味期限:約2週間

(他のお菓子は省略)

両口屋是清

(愛知)

両口屋是清のお店  最初、両国屋是清だとばかり思っていたのであるが(名古屋人に笑われる)、ネットでそれを検索してみると親切にも両口屋是清りょうぐちや・これきよばかりが出て来たのだった。して両口屋是清は、江戸時代の初めから続く名古屋のチョー老舗お菓子屋であって、全国の主要デパートにもそのお菓子が置かれる、有名店なのだよね~。


両口屋是清②  で、何を食べるって、やっぱり銘菓詰合せを。

「志なの路」(画像の左上)
 薄皮の中に乾燥系小豆あんがビッシリ。いや、なかなか旨し。

「旅まくら」(画像の一番下)
 細長い〝おやき〟っぽい姿。中はやはり小豆餡で、砂糖のシャリシャリとゴマの風味がちらりと現れる。

「よも山」(画像の真ん中の丸いの)
 丸っこいがよく見ると五角形の容姿。中はデンプンのように輝く小豆餡。

「をちこち」(画像の右上の箱)
 〝さお物〟で5層構造の手の込んだお菓子。え、こりゃなんだ、羊羹のようで羊羹でない、〝きんつば〟のようなお菓子であるかな~。

 全体的には昔の茶菓子・駄菓子的な味わいで、昭和のお菓子とでも言うべきか。簡単化して分かりやすく言うと、中の餡は違うが、東京・ひよ子系のお菓子とも。まあ、これはこれで個性なのであり、それを求める人もありやと。

メモ)
 どうも、両国屋是清の代表作はどら焼きの「千なり」らしく。でもそれは日持ちの関係で近県でしか売られていないようだね。
©名物に旨いものあり1208 , 24rw , Update:2024/06/16