名物に旨いものあり 名物に旨いものあり
新興梨を実食
Content
新興梨 新興梨 3L
全国名物新潟の名物 / クチコミ
JA新潟みらい
新潟市南区七軒字前211-1

収穫期:10~11月、その後2ヶ月ほど流通。

新興梨

(新潟)

梨の木  秋が来て、立冬(11月7,8)を過ぎた頃「今年はまだ梨を食べていない」ということに気付き、あのジューシーな梨、食べたいな~と。

 そんな訳で、初冬に食べられる梨を探してみると、新潟県発祥の新興梨が目に飛び込んで来た。で、この梨は収穫後の保存期間が長い、珍しい梨で、新潟産の場合は2ヶ月程もつそうだ。なので、正月を過ぎても市場で流通しており、梨好きの人間にはありがたい梨なのである。しかし、この時期になったら、生産者からみて宿敵の洋ナシが出回る季節。まあ、消費者からみれば、両方食べられるので良い季節なのだけれどね~。


新興梨②  そのキレイな色合いの新興梨は、形が何だかボコボコしているぞ。まあだいたいソフトボールくらいの大きさで、皮が薄くてむきやすく、中は言うまでも無く、キレイな白い果肉なのだよ。食べてみると、ふむ、みずみずしく甘くて美味しいね~。今流行の品種、豊水や幸水との違いは分からないが(もう無いから比べられないし~)、美味しいことには間違いナシ。

 やっぱり梨は、梨の独特の味と香りがするね~。秋はいいもんだ~。今は冬だけど~。
©名物に旨いものあり0711 , 24rw , Update:2024/06/16